遅れながらやっと本編を見る事が出来ました!                                                                                                                                                                                        

http://www.youtube.com/watch?v=DSBhPU-XmGE&feature=player_embedded                                                                                                                                                                                                                         

1353687943457_20131124205156f10.jpg
                                                                                                          
サイコーじゃねーか!!!!!                                                                                                                                                     

予告編どうりクオリティーは素晴らしいですし、全編日本語でしたね。                                                                                                                           これにはホントに驚きましたよ!                                                                                                                                          まあ、日本語はカタコトでしたが愛が感じられるから全然許せますね!                                                                                                                                                           しかも、この映像を作った映像制作グループ「Akira Worlshop」はこれが1作目らしいですよ・・・                                                                                                                                                               もうすでに「Akira Worlshop」の熱狂的ファンになった僕は次は一体どんな物を作ってくれるのか楽しみで仕方がありません!                                                                                                                                                                                                    これからの「Akira Worlshop」の活動に注目していきたいですね。                                                                                                                      
スポンサーサイト

67634b23-s.jpg
                                                                                                                                                          
理樹にどっちが最初に仲間になったのか聞きます。                                                                                                                                           は最初に仲間になったのは真人だと答えます。                                                                                                                                            昔の真人は物凄い悪ガキだったそうです。                                                                                                                    その真人恭介が倒し、二人の間で友情の契約を結んで真人は仲間になったようです。                                                                                                          


理樹は早速、真人にリトルバスターズの仲間になってくれるように頼みます。                                                                                                                                でも、理樹が思っているように簡単に仲間になってくれるはずがありません。                                                                                                                                                                                                         理樹は断る理由を聞きます。                                                                                                                          

真人 『理由?そうだな、俺が最強だからだ。』                                                                                                                                                『いやお前、謙吾より弱いだろう・・・』                                                                                                                          真人 『うるせえ!俺が最強だーーー!!!!』                                                                                                                                           

思っていても言ってはいけないことは世の中たくさんありますよね。                                                                                                                           でも、それをさらっと言ってしまう辺りがなんともらしいですよね。                                                                                                                                                                                                           真人の姿はまるで昔の頃に戻ったみたいでしたね・・・                                                                                                             



理樹真人はどうやって最強を証明するのか悩んでいると、学食で大変なことが起こったという話しを聞きます。                                                                                                                                               

b777359f-s.jpg
                                                                                                                                                         
急いで学食に行ってみると、男子生徒が鼻血を出して倒れていました。                                                                                                                           話しを聞いてみると、真人にいきなり殴られたそうです。                                                                                                          殴られたのは分かったんですが何でこの男子生徒は、こんなにも羨ましい状況になっているんですかね・・・                                                                                                                                                           そうだ!僕も誰かに殴られればいいんだ!(錯乱)                                                                                                                                 

ほかにも、多くの生徒が真人に殴られるという被害にあっているようです。                                                                                                                                                                                                          理樹がどうやったら真人の暴走を止められるのか考えます。                                                                                                                         僕はそのまま真人に殴りかかればいいと思います。(適当)                                                                                                         二人はトラップを作って真人の暴走を止めることにします。                                                                                                                                                        やっぱり、真人を止めるには頭を使っていくしかありませんよね。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      

374dbac7-s.jpg
                                                                                                                                                          
夜になって真人がトラップがあるところにやって来ます。                                                                                                            やって来た真人はとても疲れている様子でまるでゾンビみたいでしたね。                                                                                                                                                                                                             真人はトラップの前で狂気に満ちた笑みを浮かべながら呟きます。                                                                                                                                                      

真人 『これを全部ぶん殴れば全員消えてくれるのかよ・・・』                                                                                                                                       そして、ミット?をおもいっきりぶん殴ります。                                                                                                                                   真人は見事に理樹たちが作ったトラップにかかり、銅像と体が引っ付いてしまいます。                                                                                                                            

とにかく怖すぎますね・・・                                                                                                                                             目とか、完全に薬をきめた人の目でしたよ・・・                                                                                                                                   馬鹿で優しかった筋肉の面影はもうどこにもありませんね。                                                                                                                              でも、銅像と体がくっついているのでもう大丈夫ですね!(フラグ立て)                                                                                                                                                                          

体が動かなくなった真人理樹たちは話しをします。                                                                                                                                            

真人 『何が目的だ?』                                                                                                                                                          理樹 真人の暴走を止めたかったんだよ。』                                                                                                                          真人 『暴走だと・・・? テメーらにはそう見えるのか・・・』                                                                                                                                       そう言って真人は大きなため息をつきます。                                                                                                                  そして、地面に埋まっている銅像に力を入れます。                                                                                                                               

真人 『おかしいのは、この世界だーーー!!!!!』                                                                                                                      

そう叫んで、地面に埋まっている銅像を地面から抜き取ります。                                                                         筋肉ヤベー・・・ アニメだから迫力が・・・                                                                                                                                        



理樹真人の体力を奪うために逃げ回ります。                                                                                                                         

真人 『俺なら、正々堂々戦いやがれ!!!!』                                                                                                                                                いや、無理でしょ・・・・                                                                                         誰が銅像を体につけたまま、動き回る化物と戦おうとしますか・・・                                                                             


2e3afc67-s.jpg
                                                                                                                                                                                                                                                                 
理樹を追っている真人は途中で転んで怪我をしてしまいます。                                                                                                                                       追い打ちといわんばかりに、が上からネットを投げ、真人の動きを封じ、そこに理樹がおもいっきりタックルをします。                                                                                                                                              しかし、こんなものは真人は倒れません。                                                                                                               それどころか、衝撃で銅像が外れてしまいます。                                                                                 

真人 『これで終わりか?』                                                                                                                                                          理樹 『そうだね、もう手はないよ!!』                                                                                                                                                そう言って理樹真人に肉弾戦で勝負を挑みます。                                                                                                                                                                                              理樹は必死に戦いますが、殴り合いで真人に勝てるはずがありません。                                                                                                                                   

理樹が追い詰められたその時に、                                                                                                                        が屋根からジャンプして真人に蹴りを喰らわせます。                                                                                                                                           蹴りを喰らった、真人にできた一瞬の隙をついて理樹は肘を真人のお腹に突き立てます。                                                                                                    拳じゃなくて肘なのね・・・  まあ、肘痛いしね。                                                                                                                                 





真人視点の物語                                                                                                                                                                                                      

67634b23-s.jpg
                                                                                                           
理樹を学食に連れて来て、自分を仲間に誘ってくれたとき、真人は二人がここまで成長したことを嬉しく思っていました。                                                                                                                                           でも、そんな簡単にリトルバスターズはできないと真人は考え、理樹の誘いを断ります。                                                                                                                           断ることで自分が一つの試練になろうとしたんでしょうね。                                                                                                                              

a849733b-s.jpg

                                                                                                       
そんな真人に異変が起き始めます。                                                                                                                     誰を見ても自分にしか見えないようになってしまったのです。                                                                                                                               そんな状況で、真人は誰が本物の自分なのかわからなくなってしまいます。                                                                                                                                                     真人はどうやったら自分が本物の井ノ原真人であることを証明できるのか考えます。                                                                                                                             そして、一つの結論に至ります。                                                                                                                                         一番強い奴が本物だと、最強が自分なんだと、                                                                                                                 

リトバスの~Refrain~の見所はこの視点が変わるところですよね。                                                                                                                           これで、何故真人が人を襲っていたのか分かりましたね。                                                                                                           真人の出した結論は皮肉なことに、恭介と出会う前の真人の考え方なんですよね・・・                                                                                                                                                            筋肉学食は相変わらずのヒドイ絵面でした・・・                                                                                                                                  

6735cd00-s.jpg
                                                                                                      
真人は小さい頃から馬鹿で、自分が馬鹿であることに気づけない天然でした。                                                                                                                                                      周りから浮いた行動ばかりしているので、友達は一人もいませんでした。                                                                                                                        いつも周りから笑いものにされていた真人はある日、自分の事を笑っていた奴らを殴りました。                                                                                                                                                                                                そして真人は強くなれば誰にも笑われないことに気がつきます。                                                                                                                                                          その日から真人は一生懸命、体を鍛えました。                                                                                                                   強くなれば自分の居場所ができると信じて・・・                                                                                                                        

真人は強くなりました。もう真人のことを笑う人はひとりもいなくなりました。                                                                                                                                でも、真人に近づく人も誰もいなくなりました。                                                                                                              残ったのは、最強という称号だけです。                                                                                                                                       

88da6c15-s.jpg
                                                                                                         
ある日、恭介という少年が勝負を挑んできます。                                                                                                                真人は力では負けることはありませんが、恭介の作ったトラップに引っ掛り不利な戦いを強いられます。                                                                                                                     


64ce99dd-s.jpg
                                                                                                      
真人はいつ倒れてもおかしくないほどボコボコにされます。                                                                                                            それでも、真人は絶対に倒れません。                                                                                                                                                                       

恭介 『お前、一人で何頑張ってんだよ?』                                                                                                                                                真人 『だって惨めじゃねーか、強くなって最強になってさ、誰にも笑われなくなってさ、なのに俺は一人きりでさ、だから俺は倒れるわけにはいかねんだ・・・』                                                                                                                                            

BGMも相まって・・・泣きますよ・・・・                                                                                                                                        ただ、友達が欲しかっただけなのに真人はやり方を間違えてしまったんですね。                                                                                                                                                  自分に唯一残っている最強の称号を失えば何もなくなってしまうと・・・                                                                                                                        

32c5ba3a-s.jpg
                                                                                                     
そんな真人恭介は次々に優しい言葉をかけます。                                                                                                                                             そして、真人が今まで喉から手が出るほどに望んでいた言葉を言います。                                                                                                                                                                                                        

恭介 『今日から俺とお前は友達だ!』                                                                                                                                                                                                    

バスタオル用意しとくんだった・・・                                                                                                                                                                                            真人の腕からどうやってポストが抜けたかですが、                                                                                                             あれはポストの中で真人がずっと握りしめていた拳を開いたかです。                                                                                                       恭介の言葉で今まで閉じていた心が開かれたという意味が込められていると勝手に解釈しています。                                                                                                                                                                                              真人の始めての友達は真人の短所も受け入れてくれる最高の友達だったわけですね。                                                                                                                              

d96e1987-s.jpg
59e6802b-s.jpg
                                                                                                      
真人 (とうとう見つけたんだ、探していたもの俺の居場所、あいつがくれた)                                                                                                                                 

理樹 『大丈夫だよ真人、強くなくたっていいじゃない。』                                                                                                                     理樹 『どんな真人真人だ。僕の大切な親友だよ。』                                                                                                                                                  

真人 (よくやった理樹。俺は何があってもお前に付き合うからな。最後のその時まで・・・)                                                                                                                                                           
                                                                                                                                                                                                
315x480x19107736353525e07b5eb99f.jpg
                                                                                                      
泣くだろ・・・・ こんなの・・・・                                                                                                                                            




また、10日ほど更新ができないと思います。                                                                                                                                      ではまた ( ̄^ ̄)ゞ                                                                                                                                                     

                                                                                                                                               

                                                                                                                                                                                                                                                                                                              
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               

41ed0d0e-s.jpg
                                                                                                       
ペトラルカは大量の職務に嫌気がさして引きこもりになってしまいます。                                                                                                                                                        強力な結界が貼ってあるのでエルダント帝国の人は扉に触れることも出来ません。                                                                                                                      そこで慎一ペトラルカの引きこもりを直すことになります。                                                                                                                                     


引きこもりをやめさせるために、ペトラルカを説得するかと思いきや、こんなのでは甘い!と叱ります。                                                                                                                                           そして、本物の引きこもりとは何か教えてやると言い出します。                                                                                                                          

何がやりたいんでしょうね・・・                                                                                                                                          それにしても、慎一は日本国民の血税を何かあるたびに惜しげもなく使ってきますね。                                                                                                                                                 まあ、何か考えがあるんだと信じたいです。                                                                                                                                     

64597455-s.jpg
                                                                                                       
ペトラルカの部屋を少し改造して引きこもり部屋を作った二人は引きこもり生活をスタートさせます。                                                                                                                                                                                              あれ?なんで僕の部屋が・・・?(冗談ですよ。いやマジで。)                                                                                                                           

04db30d6-s.jpg
                                                                                                       
慎一を信じて任せたガリウスでしたが、やはり心配で仕方がありません。                                                                                                                                    そんなガリウス古賀沼さんは優しく『愛とは信じることですよ。』と声をかけます。                                                                                                                                                          頬を赤らめるのはやめろ! いえ、本当にやめてくださいお願いします。                                                                      

古賀沼 『ま、私は愛がないので覗いちゃいますけどね~』                                                                                                                                         ガリウス 『え、えー!!!!????』                                                                                                                                                                                                              愛がない古賀沼さんが部屋のなかを覗くと、そこには引きこもりとなってぐーたらする二人の姿が・・・                                                                                                                                         

ガリウス 『確かに、美埜里のいうとおりだな。ここは信じて待つとしよう。』                                                                                                                                 古賀沼 ガリウスさん!これはダメかもしれません。』                                                                                                                   ガリウス 『え、えー!!!!????』  本日2回目                                                                                                                                     

ガリウスさんのえーの声が以外に気に入りました。                                                                                                               悪化の一途をたどるばかりですが大丈夫なんでしょうか・・・                                                                                                                                                                                                                                   ミュセル慎一ペトラルカの部屋に泊まると聞いて動揺してましたね。                                                                                                              ホントかわいい(小声)                                                                                             


夜になってペトラルカがお風呂に入りたいと言い出します。                                                                                                           二人は兵士に見つからないようにこっそりとお風呂場に向かいます。                                                                                                                           しかし、廊下に二人の兵士がいました。                                                                                                                                      このままでは先に進めないので慎一は兵士の気をそらすために同人誌を床に放ります。                                                                                                                                                    

1732064e-s.jpg
                                                                                                           
もちろん誇り高きエルダント帝国の兵士たちはそんな物で気がそらされるはずもありm                                                                                                                   

991e8528-s.jpg
                                                                                                      
兵士 『おほーーーー』                                                                                                                                                                                                          
もうこの国はダメかもしれませんね・・・・                                                                                                                                     こうなるだろうとは思ってたよ、でも信じたくなかったんですよ!                                                                                                                             そして完全にメタルギアでしたね・・・                                                                                                                                     

お風呂からでた後、二人は兵士たちの会話を聞きます。                                                                                                                                 
兵士A 『それにしても陛下は大丈夫だろうか・・・』                                                                                                             兵士B 『随分お疲れのご様子だったからな。』                                                                                                               兵士A 『お元気になられば良いのだが。』                                                                                                                 慎一が同人誌を投げる。                                                                                                                          兵士AB 『おほーーーー』                                                                                                                         

せっかくいいこと言ってたのに最後ので台無しだよ!                                                                                                                                 でもいいことを言ってたことには変わりないですよね?                                                                                                                                それにしてもあの兵士たちは上を見上げてまるですべてを悟った賢者みたいでしたね。                                                                                                                    あ・・・!(察し)   全部台無しだよ!!!!!                                                                                                                               



夜に慎一ペトラルカに引きこもりはいいものではない事を教えます。                                                                                                                                    肩身が狭いこと、負け組であること、なりたくてなるものではないこと。                                                                                                                       

慎一 『扉がねどんどんどんどん重くなってくるんだよね・・・』                                                                                                                                     


朝、ペトラルカは引きこもりをやめて扉の外に出ることにします。                                                                                                        
ペトラルカ 『扉か・・・確かに重いな・・・』                                                                                                                                                その扉はデカいので普通に重そうですよね。                                                                                                                                   

ペトラルカが扉を開けるとそこにはガリウスザハールが待っていました。                                                                                                              こうしてペトラルカの引きこもり劇は幕を閉じます。                                                                                                               
                                                                                                                                              今回、ミュセル慎一を愛しすぎるがためにヤンデレ?になってしまいましたね。                                                                                                                                                                                  ミュセルはもう慎一がいないと生きていけない体になったということですね!                                                                                                                               はい、すみませんでした。 自重します。                                                                                                                                       まあ、そんなことより本当の問題は空鍋ですよ!                                                                                                                                   あれは笑えないですよ・・・・                                                                                         


次回予告がおもしろすぎましたね。                                                                                                                                          

(ペトラルカ) 見るな こんな予許さん                                                                                                                                        (慎一)     どうしたの?                                                                                                                                          (ペトラルカ) どうもこうもない密偵の報告によれば次回は妾が恥ずかしい姿になるという                                                                                                                (慎一)     確かに水着回!でも恥ずかしい姿どころかペトラルカは一切 出てないよ                                                                                                                 (ペトラルカ) そうか妾には胸がないから需要なしと、いや待て密偵によれば9話にも渕上舞のスケジュールは入っておる                                                                                                                                                     (慎一)     渕上さん ペトラルカは出ないので水着の娘Bで お願いしますとか・・・                                                                                                                   (渕上)     そんなの ヤダ~!                                                                               


次回ペトラルカの出番はあるのか?                                                                                                                        


ガリウスを黄色にしたのは失敗だった・・・ 見えにく!!!!!                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               

                                                                                                       台湾のファンが作った実写パロディ映像『進撃の電磁砲』が話題になっていますね。                                                                                                                                                                                                    

詳細↓                                                                                                                                                                                                           http://rocketnews24.com/2013/11/21/389579/                                                                                                                                                              

400x293xdb8bb1aa901ddaa10447d9f9.jpg
                                                                                                        

これが話題になっていると友達から聞いたとき、                                                                                実写!? はいはい、どうせヒドイできなんでしょwwwwと馬鹿にしていた自分を殴りたい。                                                                                                                                                                  ミサカもミカサも可愛かったですし、CGなんてふぁ!?てなるレベルのものですし・・・                                                                                                                  超大型巨人はもう凄すぎるとしか言い様がありませんよね!                                                                                                                             ホント文句のつけようがありませんよね。                                                                                                                                       

ちなみにこれは予告映像らしいです。                                                                                                                                         嘘じゃなければ、11月25日に本編が公開されるようです。                                                                                                                               これはもう見るしかないでしょ!!!!!!!      

fe58c14aef72ef73de01567e9e84e48ef9a052881384843320_convert_20131122172139.jpg
                                                                                                       
新学期が始まります。                                                                                                                                                しかし、先生がなかなか学校に来ません。                                                                                                                                      れんげに話を聞くと案の定まだ寝ているみたいです。                                                                                                             先生が新学期初日から遅刻するとか・・・・ あの人は本当に先生なんでしょうか・・・                                                                                                                


先生が来ないのでみんなであやとりをして遊ぶことにします。                                                                                                                              れんげがオリジナルあやとりができたと言って見せてきます。                                                                                                         

7d34a87d67ab7028bc8098e59adf4456ce3746bd1384843320_convert_20131122172948.jpg
                                                                                                                                                         
れんげ 『これは見てのとうり、皆さんご存知の宇宙でした。』                                                                                                                                                     

なるほど!わからん!                                                                                             ご存知ではあるけど、見てのとうりではないですよね・・・                                                                                                                                                                                

みんながポカーンとする中、夏海だけは宇宙だと理解したみたいです。                                                                                                                                                                                                          

夏海  『その左手のところらへんが宇宙っぽい!』                                                                                                                                            れんげ 『どちらかといえば真ん中が一番の見所なの。』                                                                                                                                         夏海  『え!?マジで言ってるの? よく見て、それ宇宙じゃないよ。』                                                                                                                                                                                    

なんかお腹痛いwwwww                                                                                                                                               あんなにテンションの高かった夏海がいきなり諭すように話し始めたところの差がwww                                                                                                                                                   あと、夏海は左手のどこに宇宙を感じたんでしょうね・・・                                                                                                         


あやとりはやめてみんなで粘土遊びをすることにします。                                                                                                                                夏海はお兄ちゃんに猫を作ってくれるように頼みます。                                                                                                             影は薄いですがなにかとハイスペックなお兄ちゃんのことなので素晴らしい猫ができるんでしょうね。                                                                                                                            

729eb20687817ca1bfb831bdb8c60c91404b67181384843363_convert_20131122174744.jpg
                                                                                                        
素晴らしいんですけど、何かが違うような・・・                                                                                                              まさに視聴者の予想の斜め上を攻めてきますね。                                                                                                                                  個人的には欲しい位素晴らしい猫ですが、れんげに見せられないという理由で夏海に壊されてしまいます。                                                                                                                    

先生がやっと学校に来ます。 昼の12時に・・・                                                                                                                                      この人ホントに何やってるんでしょうね。                                                                                 というか、もう帰れよ!!!                                                                                        

a148b9f87e49f6100b74a05f9dd1bd655d1cd0841384843422_convert_20131122175834.jpg
                                                                                                      
れんげは駄菓子屋にやって来ます。                                                                                                                     駄菓子屋のお姉さんと話したり遊んだりしているうちに見たいアニメの放送時間になってしまいます。                                                                                                                                                               れんげは駄菓子屋さんのお姉さんの家で見せてもらうことにします。                                                                                                    

このお姉さん金髪だけど優しい人みたいですね。(偏見)                                                                                                                               でもこのお姉さん、生活は大丈夫なんだろうか・・・                                                                                 どう考えても赤字続きな気がします・・・                                                                                                                                      

アニメが終わると外はすっかり日が暮れていました。                                                                                                                                 お姉さんはれんげを家まで送ってあげることにします。                                                                                                            法律を破らないように、れんげに怪我をさせないようにするために                                                                                                        バイクを押しているこのお姉さんは間違いなく天使ですよね。                                                                                                                             

れんげを家まで送ったあと自分の家に帰ろうとしたとき、                                                                                                            れんげがカレーを持ってきてくれます。                                                                                                                    なるほど、確かにせんべいがカレーになりましたね。                                                                                                                                
                                                                                                                                                今回、感想を書くのを省いたうさぎの話しも面白かったです。                                                                                                                             は見た目は大人ですが中身はまだまだ子供でしたね。                                                                                                            オロオロするが見えて幸せでした。                                                                                                                    駄菓子屋のお姉さんはどこかの先生と違って人ができているなと思いました。                                                                       ではまた ( ̄^ ̄)ゞ                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

20131112131710f7f.jpg
                                                                                                         



※このライトノベルがすごい!2014より                                                                                                                                                                                                                                               


◆2013年ライトノベル作品部門
1位:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。  
2位:ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン  
3位:とある魔術の禁書目録シリーズ  
4位:ダンジョンに出会いを求めてるのは間違っているのだろうか  
5位:ソードアート・オンライン  
6位:はたらく魔王さま!  
7位:東京レイヴンズ  
8位:六花の勇者  
9位:俺の妹がこんなに可愛いわけがない  
10位:ノーゲーム・ノーライフ                                                                                                                                                                                                 


◆キャラクター女性部門
1位:御坂美琴  (とある魔術の禁書目録シリーズ)
2位:雪ノ下雪乃  (やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)
3位:アスナ  (ソードアート・オンライン)
4位:由比ヶ浜結衣  (やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)
5位:インデックス  (とある魔術の禁書目録シリーズ)
6位:高坂桐乃  (俺の妹がこんなに可愛いわけがない)
7位:新垣あやせ  (俺の妹がこんなに可愛いわけがない)
8位:シノン  (ソードアート・オンライン)
9位:司波深雪  (魔法高校の劣等生)
10位:三日月夜空  (僕は友達が少ない)                                                                                                                                       


◆キャラクター男性部門
1位:比企谷八幡  (やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)
2位:上条当麻  (とある魔術の禁書目録シリーズ)
3位:キリト  (ソードアート・オンライン)
4位:一方通行  (とある魔術の禁書目録シリーズ)
5位:真奥貞夫  (はたらく魔王さま!)
6位:高坂京介  (俺の妹がこんなに可愛いわけがない)
7位:逆廻十六夜  (問題児たちが異世界から来るそうですよ?)
8位:司波達也  (魔法高校の劣等生)
9位:杉崎鍵  (生徒会の一存)
10位:赤城是光  (ヒカルが地球にいたころ・・・)                                                                                                                                                                                                                                        


◆キャラクター総合ランキング
1位:御坂美琴  (とある魔術の禁書目録シリーズ)
2位:比企谷八幡  (やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)
3位:上条当麻  (とある魔術の禁書目録シリーズ)
4位:キリト  (ソードアート・オンライン)
5位:雪ノ下雪乃  (やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)
6位:一方通行  (とある魔術の禁書目録シリーズ)
7位:アスナ  (ソードアート・オンライン)
8位:由比ヶ浜結衣  (やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)
9位:真奥貞夫  (はたらく魔王さま!)
10位:高坂京介  (俺の妹がこんなに可愛いわけがない)
                                                                                                                                                           


◆イラストレーター部門
1位:はいむらきよたか
2位:ぽんかん⑧
3位:abec
4位:ブリキ
5位:カントク
6位:つなこ
7位:竹岡美穂
8位:かんざきひろ
9位:鵜飼沙樹
10位:ヤスダスズヒト                                                                                                                                                

300x300x32d5ffbcf308c0a699133504.jpg
                                                                                                       
キャラクター女性部門で御坂美琴が5連覇!達成!
                                                                                                       

2013年ライトノベル作品部門の一位は『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』でしたね~                                                                                                              もとから人気があった作品でしたが、アニメ化が成功したのが追い風になったみたいですね。                                                                                                                ファンとしては嬉しい限りです。                                                                                                                                         そして、御坂美琴が5連覇という偉業を成し遂げましたね。                                                                                                                                ここまできたら、もう殿堂入りして伝説になってもいいような気がします。                                                                                                                                                                                                                            

僕が最近注目している作品のキャラクターである逆廻十六夜が男性部門で7位にランクインしました!                                                                                                            やったぜ!!!                                                                                                                                                                                                                                                                              
 

2f3a63d0-s.jpg
                                                                                                       
ロキのオートマトンの攻撃を受けて雷真は気を失ってしまいます。                                                                                                                                                                                          重傷を負った雷真はそのまま医務室に運ばれて治療を受けます。                                                                                                        二人の試合は中止になりますが、手袋を奪われなかったので雷真は失格にはなりませんでした。                                                                                                                                            

89b0f9dc-s.jpg
                                                                                                      
次の日はロキフレイの試合です。                                                                                                                                                   もちろん、実力差が大きくあるので一方的な試合になります。                                                                                                                             このままではフレイが負けるという時にフレイのオートマトンのラビが暴走し始めます。                                                                                                                               暴走し始めたラビはフレイの魔力を無理やり奪って活動します。                                                                                                                                                                                                           魔力は奪われているので段々フレイは弱っていきます。                                                                                                             そこに、怪我で寝込んでいたはずの雷真夜々を連れてやって来ます。                                                                                                                                  そして、ラビの暴走を止めました。                                                                                                                                          

雷真フレイを気絶させてラビの暴走を止めましたが、                                                                                                                                             なんであれで止めれるんだろうと思って調べました!                                                                                                                              術者の意識がないときは魔力は放出されないんでしたね・・・・                                                                                                                             あいかわらず、雷真の回復力?生命力?はすごいですね。                                                                                                                                                                まるで、ゴキブr 黒光りの戦士のようですね!                                                                                                                            

c0ec164a-s.jpg
                                                                                                       
フレイロキがただの人間ではないことが明らかになります。                                                                                                                                                                                           二人は高い魔力も持つ人間を作る計画によって心臓を機巧化されているようです。                                                                                                                                                                       それによって二人は普通ではありえない魔力を手に入れています。                                                                                                                           でも二人は実験のモルモットにされたようなものです。                                                                                                                               

これはひどいですね・・・                                                                                                                                              前回の話とこれで繋がりましたね。                                                                                                                                         人間を使ってオートマトンを作ることは禁忌となっているはずですが、                                                                                                                           裏でこの禁忌を破っている人は多そうですね・・・                                                                                                                                  

8b67ca61-s.jpg
                                                                                                         
すべての事情を知った雷真夜々を連れてむごたらしい実験をしている、                                                                                                                                   リバインワークスに乗り込みます。                                                                         
                                                                                                                                                              今回EDなかったじゃないですか!!!!!                                                                                                                                               なんか物凄く裏切られた気分です。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            

80a107ab-s.jpg
                                                                                                       
臥煙さんの説明によって暗闇の正体が明らかになります。                                                                                                            暗闇が狙っているのはではなく八九寺のようです。                                                                                                                                           暗闇は怪異ではありません。現象の様な物だそうです。                                                                                                                                そして、暗闇は怪異の道を踏み外した怪異を狙い、そして消滅させるようです。                                                                                                                      


なるほど~ 暗闇の正体がやっとわかりましたね。                                                                                                                                  それにしても臥煙さんはなんでこんなにいろんな事を知っているんでしょうね?                                                                                                                                                                                                        400年前のの話も知っていましたし・・・                                                                                                                暗闇の正体が明らかになった今、今度は臥煙さんの正体が知りたいです。                                                                                                     

ad79f2ff-s.jpg
                                                                                                      
八九寺は迷い牛の怪異です。(漢字がわからん!)                                                                                                               しかし今は、その本分を果たしているどころか全く逆のことをしている状態です。                                                                                                                                                                           しかも、本当は既に成仏していなければいけない存在です。                                                                                                                                世界はそんな存在を認めてはくれません。                                                                                                                                                                                     


臥煙さんは今の八九寺にできる選択を伝えます。                                                                                                                                               迷い牛の本分を果たすために、また人を迷わし続けるか、                                                                                                                               暗闇に飲まれるか、成仏するかの3つです。                                                                                                                                      現象である暗闇を倒すことはもちろん不可能です。                                                                                                                                  


これどれを選択してもハッピィーエンドにならないじゃないですか・・・・                                                                                                                                     
八九寺が消えるという話は聞いたことがありましたが、あれは嘘じゃないんですか!                                                                                                                                                    でもこれどう考えてももう無理ですよね・・・                                                                                                                                   暗闇は倒せませんし、八九寺自身が迷い牛に戻る事を望んでいませんし・・・                                                                                                    

086b3ce0-s.jpg
                                                                                                         
八九寺は成仏する事を選びます。                                                                                                                         もちろん阿良々木くんはそれを認めず、八九寺の手を掴んで離しません。                                                                                                                                 


阿良々木 『僕がお前と一生道に迷ってやる!!!』                                                                                                                                               

阿良々木くんは最後の最後まで反対し続けますが結局八九寺に説得されます。                                                                                                                                 八九寺は最後に噛みましたから始まる一連の流れをやろうと言います。                                                                                                                                                                                                           阿良々木くんは後ろを振り返ります。                                                                                                                    その瞬間に八九寺にキスをされます。                                                                                                                   そして八九寺は涙を流しながら、こう言います。                                                              

deb68a10-s.jpg
 

『失礼、噛みました・・・ 大好きでしたよ阿良々木さん。』                                                                                                                                                  
315x480x19107736353525e07b5eb99f.jpg
                                                                                                       

こんな結末・・・嫌だよ・・・・                                                                                                                       
最後にこんな噛みましたはずるいですよ・・・(泣)                                                                                                                                  八九寺がホントに消えてしまいましたね。                                                                                                                  でも本人が言っていたとうり、幸せだったんでしょう。                                                                                                                                 
                                                                                                                                               僕は鬼物語は忍の話だとずっと思っていたんですが、八九寺の話だったんですね。                                                                                                                                                                      臥煙さんと扇が一体何者なのか気になります。                                                                                                                                    扇はなんだか黒幕?っていったらおかしいですが、何か裏で糸を引いているような気がしてなりません・・・                                                                                                             今回の話は感動しました。                                                                                                                                        次はみんな大好きな総集編でしょうか?                                                                                                                                        ではまた ( ̄^ ̄)ゞ                                                                                                                                                                                                                                                             

15b7a2d1-s.jpg
                                                                                                       
生徒 『恭介が帰ってきたぞ!!!!!』 ←杉田w                                                                                                                

日付は5月13日、恭介が夜遅くに帰ってきます。                                                                                                                一期の一話同様、真人謙吾に戦いを挑みます。                                                                                                                                             しかし、一期の一話と大きく異なる点があります。                                                                                                                                   それは二人の喧嘩が戯れあいの様なものではないことです。                                                                                                                              理樹恭介に喧嘩を止めてもらおうとしますがどこにも恭介の姿は何処にもありません。                                                                                                                                                       


理樹は二人の喧嘩に対してある提案をします。                                                                                                                  その提案はいつの日かの恭介がした提案でした。                                                                                                              二人はこの提案を受け入れずにそのまま喧嘩を続けます。                                                                                                                              


一期の一話の二人の喧嘩は面白いくらいだったのに、今回の喧嘩は見ていて全く面白くありませんね・・・                                                                                                                                                                                                                                                                  理樹の提案を聞いたとき、謙吾はとても悲痛そうな顔をしていましたね。                                                                                                                                                                                      いろんなところが変わっているのに真人のセリフだけは変わっていませんでしたね。                                                                                                                                                     一期の一話をもう一回見直してみるのもいいかもしれませんね。                                                                                                                         

3bcf52c4-s.jpg
                                                                                                      
は極度の人見知りになっていました。                                                                                                                    理樹以外の人とはまともに口を聞くことも出来ません。                                                                                                           そんなは療養と称して小学校?に通っています・・・                                                                                                             


恭介も大きく変わってしまいました。                                                                                                                      ずっと電気を点けないで部屋にこもるようになってしまいました。                                                                                                                           その姿はまるで幼い頃の理樹のようでした。                                                                                                               


見てて辛いですね・・・                                                                                                                                                は人見知りというより、対人恐怖症といったほうが正しいのかもしれませんね。                                                                                                                                                    恭介は幼い頃の理樹のように心を閉ざしてしまっていますね。                                                                                                                                     のことも、とても投げありですし・・・                                                                                                                  あんなに仲間思いだった恭介はどこに行ってしまたんでしょうね・・・                                                                                                                                                      


                                      
                                                                                                       理樹はどうしてみんながこんなふうになってしまったのか、自分に出来ることはないのか考えます。                                                                                                                                                        そして理樹は昔の恭介の姿を思い出します。                                                                                                                                                 昔の恭介は遊びでみんなを楽しませて、みんなを一つにまとめました。                                                                                                                                                       理樹は自分もこれをしようと思います。                                                                                                                                                          


理樹は早速を外に連れ出して遊びます。                                                                                                                                                  何をやっても興味を示さなかったが野球に興味を示します。                                                                                                       二人でキャッチボールをします。                                                                                                                                           はキャッチボールをする中で少しずつ元気を取り戻していきます。                                                                                                     濁っていた瞳にも輝きが戻ります。                                                                                                                                                                                           


に元気が戻って良かったです!                                                                                                                        ここでも一期の一話と対比できるシーンがありましたね。                                                                                                                                得点版が木っ端微塵になるところは一期の頃の暖かい感じが戻てきたみたいでしたよね。                                                                                                                                                                  でも、そこに恭介たちがいなかったが寂しいですね・・・                                                                                                          

a4f6fa2e-s.jpg
                                                                                                        
理樹は野球で楽しかった昔の頃のように戻れるのではないかと考えます。                                                                                                                                                                                                          でもそう簡単にはいきませんでした。                                                                                                                                         


理樹が野球をしようと言った瞬間、謙吾の表情が歪みます。                                                                                                                                         そして謙吾は自分は降りると言い理樹たちの元から去ろうとします。                                                                                                                                    理樹は理由を聞きます。                                                                        

謙吾 『かぶるんだよ・・・今のお前の行動がアイツと・・・』                                                                                                                                          

そう言って謙吾は去っていきました。                                                                                                                         


理樹真人にみんなが何を隠しているのか聞きます。                                                                                                                                               もちろん、教えてもらえる訳もありません。                                                                                                                                  理樹は今までの情報から推測した事を真人に伝えます。                                                                                       

理樹 『答えは別の世界にあるの?!』                                                                                                                                                  真人 『そうだな・・・そこまで来たなら十分だな、あとは俺だけか・・・』                                                                                                                                 

そう言って真人も降りてしまいました。                                                                                                                   


この降りるの意味は野球をするのをやめるという意味ではありません。                                                                                                                            リトルバスターズをやめるという意味です。                                                                                                                                   奇しくも、今の状況はリトルバスターズが出来上がった頃の状況と全く同じものになりました。                                                                                                                                                                

9c804bb7-s.jpg
                                                                                                      
理樹はこの世界の謎を解くことに決めます。                                                                                                                 


理樹 『仲間を集めよう、もう一度リトルバスターズを作るんだ!』                                                                                                                                     


BGMが卑怯すぎる・・・・                                                                                            こんなの泣くに決まってんじゃん (´;ω;`)                                                                                                                                   理樹は忘れていますが、消えたみんなが理樹たちを支えてあげているんでしょうね。                                                                                                                             それぞれにゆかりのある物や場所を映していくとか、もう反則ですよ・・・                                                                                                                      
                                                                                                  いよいよ、Refrainが始まった訳ですけど、                                                                                                                                  始めからこんなにウルウルきて大丈夫だろうか・・・?                                                                                                                                次回は最強の証明という題名でしたが、                                                                                                                                          これは真人と戦うことになりそうですね。                                                                                                               僕はリトバスの中で真人の話が一番?気に入っているので物凄く楽しみです。                                                                                                    

本当の過酷が始まりますね・・・・                                                                                                                                                                                 

d544b54b.jpg
                                                                                                        
慎一的場さんに怒りをぶつけます。                                                                                                                                                   なぜならば、注文していた物と全く違う物が届いたからです。                                                                                                                             そして、自分が日本に戻って買ってくると言います。                                                                                                                                      そう言って出ていこうとする慎一的場さんは一つ質問をします。                                                                             

的場 『なんちゃ(みなみけ)おかえりはそんなにダメなのかい?』                                                                                                                                 慎一 『おかえりの制作会社やスタッフはとても素晴らしいと思います。』                                                                                                                                 慎一 『ただ、監督がダメなんです!!!』                                                                                             

だよな~ あれは監督が悪かったよな~                                                                                                                                        いや、ちょっと待て・・・・                                                                                             おかえりとこのアニメの監督一緒じゃねーか!!!!!                                                                                                                            最高に自虐ネタすぎるwwwww                                                                                                                                           あと、エロDVDのときの二人の反応ひどすぎるだろwww                                                                                                                                 的場さんは貰おうとしてるし、慎一はさらっと自分の物にしてるし・・・                                                                                                                                    始まってまだ2分くらいしか経っていないのに、もうお腹痛いwww                                                                                                                            

0941e8e2.jpg
                                                                                                      
慎一ミュセルと一緒に日本に帰ってきます。                                                                                                                                               慎一ミュセルのために秋葉原を案内してあげます。                                                                                         初めての日本にミュセルは驚きっぱなしです。                                                                                                               

ミュセルが可愛い。この一言につきますね。                                                                                                                   それにしても、異常なまでのミルキィのゴリ押しでしたね・・・                                                                                                                          まあ、可愛いは正義なのでなんだっていいんですけどね!                                                                                                                                 

871a2176.jpg
                                                                                                      
そして夜になります。                                                                                                                                                 いまさら、慎一ミュセルと二人っきりということに気がつきます。                                                                                                                                   慎一ミュセルに先にお風呂に入るように言い、ミュセルが着る下着を買いにコンビニに行きます。                                                                                                                                                     もちろん、コンビニでショーツを買った慎一は普通に見れば唯の変態です。                                                                                                                                                       

コンビニから家に帰りながらも慎一の妄想はどんどん膨らんでいきます。                                                                                                    そして家に到着します。慎一は覚悟を決めて家の中に入ります。                                                                                                                                                              

慎一 『目標、目の前!これはチャンスだ。絶対に逃がすな!』                                                                                                                                       慎一 『よう、五年ぶりだな・・・』                                                                                                                                                 

進撃の○人じゃねーか!!!!!                                                                                                                                           そのまんま、すぎておもいっきり吹いてしまいましたよw                                                                                                                                声優さんの声が似ているところも卑怯ですよねwwww                                                                                                                                    今回はネタが多いですね。 ご馳走様です。                                                                                 

そのあと、何事もなく慎一はエルダント帝国に帰ってきます。                                                              何しに日本に帰ったのかを忘れたまま・・・
                                                                                                                                                 今回の話をまとめると、ミュセルが可愛い以上。                                                                                                                                  ホントに今回の話には文句なしです。                                                                                                                                          次回は拗ねて引きこもりになったペトラルカの話かな?                                                                                                                              次回も楽しみです!                                                                                                             

0da525bc-s.jpg
                                                                                                       
夏海は成績の事でお母さんに怒られてしまいます。                                                                                                                   

お母さん 『この成績はどうゆうこと?怒らないから、黙ってないで言ってみ。』                                                                                                                                                      夏海   『だって、テスト範囲広くて難しかったから・・・』                                                                                                                                   お母さん 『言い訳するな!』                                                                                                                         

お母さん理不尽すぎるwwww                                                                                                                                              説明を求めといて、説明したら怒るって・・・                                                                                                                                    いいお母さんでと思うけど、やっぱり怖いな。                                                                                                                                    


小鞠とお兄さんは怒られている様子を見ていました。                                                                                                                                                                 すると、お母さんが二人が見ていることに気がつきます。                                                                                                                                お母さんが気づいたその刹那・・・                                                                                      
098e1e42-s.jpg
                                                                                                       
一瞬のうちに逃げ出します                                                                                                                                                      
兄貴速すぎるだろwwww                                                                                             まさに瞬足ですね。                                                                                                

b93ed9dd-s.jpg
                                                                                                        
みんなで肝試しをすることになります。                                                                                                                                        お化け役はジャンケンで勝った小鞠がすることになります。                                                                                                          最初は脅かし役になったことを喜んでいましたが、なにしろ一人なので段々元気がなくなってきます。                                                                                                           

既に怖がって限界に近い小鞠にお兄さんが追い打ちをかけます。                                                                                                         まあ、お兄さんは普通に肝試しをしただけですけど・・・                                                                                                                               お兄さんのステルス能力によって小鞠の中ではまるで怪奇現象が起こったようになります。                                                                                                                                               

お兄さん今日は大活躍だな!                                                                                           瞬足だけではなくステルス能力まで持っているとは・・・・                                                                                                                               何も起こっていないのにビビリまくる小鞠が可愛かったですね。                                                                                                                                                         

fbf87744-s.jpg
                                                                                                       
肝試しのあとはみんなで花火をして夏のいい思い出を作りました。                                                                                                                            

線香花火の作画がすごかったですね。                                                                                      まるで実写みたいでしたねw                                                                                                                                             
                                                                                             今回は夏休みの話でしたね。                                                                                            現実の方は冬が来て大変寒いですが・・・                                                                                                                                   もーホントに寒い ((((;゚Д゚))))                                                                                         

はホントにガチ百合ですね・・・                                                                                                                       部屋があそこまでくると、狂気を感じるレベルですね。                                                                                                                                それより、こまちゃん人形が欲しいです!                                                                                  まあ、多分商品化されるんでしょうけど・・・                                                                                                                                    あと、の成長速度はすごいですね。                                                                                                                               

contents_convert_20131113213416.jpg
                                                                                                        さいぷ~なみですね・・・(中二)                                                                                         いや、は小五だからそれ以上か・・・                                                            

今回も面白かったです。                                                                                                                                               今回の感想の手抜き感は大目に見てください。                                                                                  では( ̄^ ̄)ゞ

b88aff73.jpg
                                                                                                       

雷真たちは犬の姿をしたオートマトンの黄泉と出会います。                                                                                                                                            黄泉の話からフレイ雷真を殺してまで勝とうとする理由が分かってきました。                                                                                                         フレイが負けてしまったら、フレイが大切に思っている多くのマシンドールが廃棄処分になってしまうようです。                                                                                                                                                                   だから、フレイはあそこまでして勝とうとしたみたいです。                                                                                                             

雷真たちがこっそり侵入していたことがバレてしまいます。                                                                                                          逃げるさなかに雷真は銃撃を受けて、肩にキズを負ってしまいます。                                                                                                        そして、その傷のまま下水道に逃げ込みます。                                                                                                                                   

なんで!? 下水道に逃げるのはまずいでしょ!                                                                                                                                   その傷でばい菌だらけの下水道に逃げるとか、破傷風待ったなしですよ。                                                                                                                        まあ、魔術とかがある世界だから魔術でなんとかなるんでしょうね。                                                                                                                          


雷真たちは無事?に逃げることができましたが、黄泉雷真たちを庇って死んでしまいます。                                                                                                                                                        

黄泉 いいやつだったのに・・・・                                                                                                                         それにしても、敵は銃の扱いに慣れてないんでしょうかね?                                                                                                                             それとも、主人公補正とかかな?                                                                                    

4045d700.jpg
                                                                                                        
先週、攻撃を受けて倒れてしまった夜々はなんとか無事でした。                                                                                                           

c008eea2.jpg
                                                                                                          
いよいよ、夜会が始まります。                                                                                                                                                                                               雷真の最初の相手はもちろんフレイではなく、何故かロキです。                                                                                                                                                                    雷真は死んでいった黄泉の事が気になって戦いに集中できません。                                                                                                                                      そして、ロキのマシンドールの攻撃を受けてしまいます。                                                                                                         

399x463x004833c6baf098c15da55b89.jpg
                                                                                                                                                         

なんで、初戦がロキとなんですか!?                                                                                                                     フレイが初戦の相手じゃなかったんですか?                                                                                                                もうよくわかんないよ・・・・                                                                                                                                            夜々にも、某アニメのように『よけろ!』しか言いませんし・・・・                                                                                                                                   まるで夜々がピカ○ュウみたいでしたね。                                                                                                                   最後は夜々を庇って攻撃を受けると・・・                                                                                                                  僕の少ない容量では理解することは不可能のようです。                                                                             
                                                                                                                                               なんだかよくわからない。これに尽きますね・・・                                                                                                                                    まあ、相変わらず小紫がエロ可愛かったのでよしとしましょう。                                                                                                      今回感想が短いのはよく分からなかったからです・・・                                                                                                                                 ではまた( ̄^ ̄)ゞ                                                                                                                               

bec266fc-s.jpg
                                                                                                       
阿良々木くんとが暗闇に対してこれからどうするか話し合っていると余接ちゃんが戻ってきます。                                                                                                                                                      余接ちゃんとは仲が悪いので当然喧嘩になります。                                                                                                                                             

余接 『そこの後期高齢者は人格が狭量だからね。』                                                                                                                                               『おいおい、わしがそんな小さい人間に見えるか?』                                                                                                                                       

の人格が狭量かはともかく、小さい人間には見えますね・・・                                                                                                           心とか人格ではなく、見た目がね・・・                                                                                                                                     そんなを後期高齢者と呼ぶ余接ちゃんの度胸も中々すごいですね。                                                                                   


阿良々木くんは自分がすごい状況に置かれているに気がつきます。                                                                                                                  

阿良々木 『教室の中にまず僕がいて、そしてその周囲に少女と幼女と童女がいる。』                                                                                                                             阿良々木 『なんだ、ここはひょっとして桃源郷か?』                                                                                                                                          

301x168xaf11e91ebad86340da7c2ad9.jpg
                                                                                                                                                           阿良々木 都条例へ宣戦布告                                                                                                                              

こいつは、なんでこんなことばかり考えるんでしょうね。                                                                                                                                 本人はぎりぎりセーフと言ってましたけど、アウトですよね?                                                                                                                            まさに変態の鏡ですね・・・                                                                                         

142e0f36-s.jpg
                                                                                                       
阿良々木くんが誰が一番好きなのかという話になります。                                                                                                            阿良々木は必死に話を逸らそうとしますが、もちろん上手くいきません。                                                                                                     

僕はが一番好きです!                                                                            え? お前には聞いてないって・・・・?                                                                                                                                   

阿良々木くんが問い詰められているときにちょうど八九寺が目を覚まします。                                                                                                                                  覚ました瞬間、阿良々木くんは八九寺に飛びかかります。                                                                                                                                         そしていつものようにセクハラをしまくります。                                                                                                                                 

おまわりさん、こっちです。                                                                                         ホントに 阿良々木くんはどうしようもないクズですね・・・                                                                                                         いいことを言っているのに行動がそれに一致していないんですよね。                                                                                                                           

くだらない事をグダグダ話しているうちに、暗闇が追いついてきてしまいます。                                                                                                                      脱出するために阿良々木くんは余接ちゃんに掴まります。                                                                                                                                        

余接 『え!?ちょ、大胆すぎるよ鬼のお兄ちゃん変なところ触らないで、こんな時に何考えてんの?                                                                                                                     阿良々木 『何考えてんのはお前だー!!!!』                                                                                           なんだかんだ言いながらも脱出することに成功します。                                                                                                                                  

あんな時に変なことを考えた余接ちゃんもいけないと思いますが、                                                                                                        余接ちゃんの胸をおもいっきり触っていた阿良々木くんの方が悪いですね。                                                                                                                                     事故のなか、故意なのか・・・                                                                                                                                       

6cff66a2-s.jpg
                                                                                                      
脱出してから、がいないことに気がつきます。                                                                                                                どうもを教室においてきたみたいです。                                                                                                                    暗闇のせいで、阿良々木くんととのリンクが切れてしまいます。                                                                                  リンクが切れた状態では二人の吸血鬼性が弱くなってしまうようです。                                                                                                                        

は無事なんでしょうか?                                                                                                                          あと、阿良々木くんはそろそろ戦場ヶ原さんにボコされた方がいいと思います。                                                                                                                              鬼物語が進んでいけば行くほど、変態性が増していってますよね・・・                                                                                                                          

959a4f46-s.jpg
                                                                                                      
 
阿良々木くんたちは、暗闇の正体を知っている臥煙伊豆湖に会いに行きます。                                                                                                                                 

臥煙 『はじめまして私は臥煙伊豆湖。なんでも知ってるお姉さんだ。』                                                                                                                                  

臥煙さんって前にも登場した記憶があるんですけど、いつ出たんでしたっけ・・・?                                                                                                これまた、なんだか怪しそうな人ですね。                                                                                                                                     
                                                                                              今回はギャグも多かったので面白かったです。                                                                                                                                      阿良々木さんはそろそろ捕まってもいいんじゃないでしょうか?                                                                                                                            次回で暗闇の正体がわかるといいな~                                                                                      次回も楽しみです!                                                                                                                           

95f3729f.jpg
                                                                                                       
は併設校に行ってしまいます。                                                                                                                        見送りの時、理樹の顔を見ることができず、何も言えないままは行ってしまいます。                                                                                                                                                        

最初から見るのが辛い展開ですね。                                                                                                                                           このシーンでは鈴の顔が見えませんでしたけど、どんな顔をしていたんでしょうね・・・                                                                                                                
                                                                                                恭介のやり方の強引さ、リトルバスターズを解散させるために結成した事、                                                                                                                                                            今回のことに対する、怒りや不満を謙吾に伝えます。                                                                                                                

理樹 『リトルバスターズってなんなのさ・・・』                                                                                                                                             謙吾 理樹はなんだと思う?』                                                                                                                                理樹 『友情の証。』                                                                                                         

謙吾理樹の話をしっかりと聞いてくれます。                                                                                                                                                     謙吾『もし誰もいなくなったとしても、俺一人で続けてやる。』と力強く言い切ります。                                                                                                                    この言葉に理樹はかなり救われます。                                                                                                                     

affb4052.jpg
                                                                                                       
から頻繁に学校生活が辛いというメールが来ます。                                                                                                              理樹はただ頑張れとしか返信することができません。                                                                                                             そして何日か経った頃、のメールについてくる顔文字が泣き顔になりました。                                                                                                                                                    理樹がもう限界なのを悟り、迎に行こうとします。                                                                                       それを恭介が阻みます。                                                                                                                                   

恭介 『土日だけは帰ってこられるようにする。』                                                                                                               恭介 『だから、今度の土日まで死に物狂いで乗り越えて見せてくれ。』                                                                                                                

完全に二人の間に大きな溝ができていますね。                                                                                                                                     恭介は何か強い意思のもとで行動しているみたいですね。                                                                                                           あー見るのが辛い・・・・                                                                                                                                            

82a9be1c.jpg
                                                                                                      
土曜になり、が帰ってきます。                                                                                                                         表情は暗く沈んでいて元気が全くありません。                                                                                                                                 

理樹謙吾に自分はどうすればいいのか相談します。                                                                                                                                            謙吾はその答えを淡々と告げます。                                                                                                                     

謙吾 『道は一つしかない、恭介と戦う道だ。』                                                                                                                           

理樹謙吾恭介に勝負を挑みます。                                                                                                                                 勝負の内容は、先に3回、ボールをグラウンド超させた方が勝ちというものです。                                                                                                                   恭介は自分のパートナーに真人を選びます。                                                                                                                                                 皮肉なことに、仲良しだった幼馴染どうしで敵対しあうことになります。                                                                                                                         

あんなに楽しそうにしていた日々はどこに行ってしまったんでしょうね・・・                                                                                                                        天気の悪さがより一層、嫌な気分にさせますね。                                                                                                                                  


先攻は恭介たちです。                                                                                                                             いい当たりですが、グラウンド超はしませんでした。                                                                                                                               

後攻は理樹たちです。                                                                                                                              理樹は緊張のあまり、暴投をしてしまいます。                                                                                                               

雨が激しくなってきたので、グラウンド超は3回ではなく1回になります。                                                                                                                                                                                                                                                                                 

恭介たちは2回目でグラウンド超を成功させます。
次、グラウンド超ができなければ理樹たちの負けです。                                                                                                               理樹は今度こそ、落ち着いてボールを投げます。                                                                                                                                                                謙吾なら絶対に打てる絶好球です。                                                                                                                      しかし、謙吾が打とうとした瞬間に古式さんの姿が目に入ります。                                                                                                                                     謙吾はひどく動揺して、空振りしてしまいます。                                                                                                                  謙吾がもう一度その場所を見てもどこにも古式さんの姿はありません。                                                                                                                                 

古式さんは謙吾に命を救われた人ですね。(リトバス25話参照)                                                                                                          ここのシーンは鳥肌が立ちました。                                                                                                                                       一瞬現れた古式さんは無表情でしたね・・・                                                                                                                   謙吾の動揺ぶりも尋常ではありませんでしたね。                                                                                                               謙吾古式さんの間に何かがあったみたいですね。                                                                                                                                          どうでもいいですけど、謙吾は骨折しているはずの腕をバリバリ使いますね・・・                                                                                         

eb50e70b.jpg
                                                                                                      
『ふざけるな・・・茶番だああああああああ!!!!!!!!』                                                                                                                                         
空振りをしたあと謙吾はこう叫んだあと恭介に殴りかかります。                                                                                                                                          真人理樹に押さえつけられても恭介を殴ろうと暴れます。                                                                                                                  

謙吾がここまで怒るということは、恭介謙吾の逆鱗に触れるような事をしたんでしょうね・・・                                                                                                                                                      もうリトルバスターズはバラバラですね。                                                                                                                                        小毬以外の女の子はもういませんし、幼馴染たちの友情には完全に亀裂が入りましたし・・・                                                                                                                                            

恭介はひどく冷たく声で『コールドゲームだ』と言って校舎に戻ります。                                                                                                                                  真人は何も言わずにその場から立ち去ります。                                                                                                                

f30d89a8.jpg
                                                                                                       
理樹を連れて逃げ出します。                                                                                                                                                     そして、昔みんなで遊んだ恭介のお爺ちゃんの家で二人で生活することにします。                                                                                                                    理樹は生活している中で弱い自分ではを守れないことに気がつきます。                                                                                                                                  そして、ある夜警察に保護されてしまいます。                                                                                    

46d1a2fc.jpg
                                                                                                                              
の話まとめすぎだろ!                                                                                                                                                      1クールだから仕方がないのは分かっているんですけど・・・                                                                            あれはじわじわ理樹たちが追い詰められるとこが重要なのに・・・                                                                                                    
                                                                                                                                              今回の話は辛すぎましたね・・・                                                                                           謙吾古式さんの関係や謙吾があんなに怒った理由ものちのち分かってくると思います。                                                                                                                                                        そして、理樹が警察に保護される前に見た蛍の数は世界の秘密に繋がりますね。                                                                                                                                                  次回の題名の5月13日は恭介が学校に帰ってきた日ですね。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      

d19bae68-s.jpg

慎一は仲の悪い、エルフとドワーフたちの仲を良くするために、サッカーをさせる事にします。                                                                                                                                                エルフはイナズ○イレブンを使って、ドワーフはキャプ○ン翼を使ってサッカーを学びます。                                                                                                                         

これはどちらが勝つんでしょうね。                                                                                                                                          そもそも参考にしているものがおかしいような気が・・・                                                                                                                               

aefedd2f-s.jpg
                                                                                                       
いよいよ試合本番です。                                                                                               最初はドワーフからのキックオフで試合は始まります・・・ 間違えました。                                                                                                                    キックオフからのシュートそれが決まって試合が始まります。                                                                                                                           

何が起こったんだか・・・僕には理解できない・・・                                                                                                                                 試合開始から数秒でゴールとか・・・ ドワーフの身体能力チート過ぎるだろ・・・                                                                                                                     

前半はドワーフの一方的な試合になります。                                                                                                                                      エルフたちは虫けらのように吹き飛ばされ、地面はえぐれ・・・                                                                                                                             前半は50対0で終わります。                                                                                                                                            

なんだこれ・・・?                                                                                                                                                 強いとかそんなレベルじゃないよ・・・ 死人がでるレベルだよ・・・                                                                                                                         50対0か・・・  ホントにサッカーをしてたんですかね? バスケの間違いじゃないの・・・                                                                                                              

23bc2e29-s.jpg
                                                                                                       
後半からエルフは魔法を使ってもいいことになります。                                                                                                                                 魔法が使えるようになった事で互角の戦いになります。                                                                                                                               

エルフはなんで超次元サッカーをしてるんですかね?                                                                                                                                 あと、ヤムチャがいたような・・・                                                                                      

試合はどんどん白熱します。                                                                                                                                            しかしあまりにも白熱しすぎて、試合というより戦争になってしまいます。                                                                                                                        両チームでどんどんヤムチャが量産されていきます。                                                                                                                                

これはひどいですね・・・いろんな意味で。                                                                                                                                       流石にパロ多すぎませんかね!                                                                                                                                          これは怒られるんじゃ・・・                                                                                                                                            もう本当にお腹いっぱいです。                                                                                                                                             

2872acfe-s.jpg
                                                                                                      
慎一は試合を中止にしようとしますがペトラルカが乱入してきます。                                                                                                                                       そしてペトラルカミュセル(天使)と協力してゴールを決めます。                                                                                                                                   ペトラルカミュセルにハイタッチをします。                                                                                                                                               この行動に多くの人がざわつきます。                                                                                                                                         なぜなら、この行動はこの国の身分制度を揺るがすものだからです。                                                                                                                        

的場 『これはまずい事になったね。』                                                                                                                                                  的場 『階級社会の頂点に立つ陛下が差別対象のハーフエルフとつるんでいるなんて知られたら。』                                                                                                                       慎一 『いいんじゃないんですか。難しいことはさておき、僕はあの光景がすごく美しいと思います。』                                                                                                                       

ペトラルカの身分に対する考え方が少しずつ変わってきましたね。                                                                                                         でもこれが戦争や革命の火種にならなければいいんですけど・・・                                                                       

この試合のあと、                                                                                                                                                   エルフとドワーフの関係はほんの少しだけ、良くなりました。
                                                                                                                   今回はパロが多すぎてお腹がいっぱいになりました。                                                                                                                                 ペトラルカミュセルは今回も本当に可愛かったですね。                                                                                                                                          慎一はいい感じにミュセルにフラグを立てていますね。     あとガリウスさんにも・・・                                                                                                                                                     もう、ホモはいらないよ!(絶望)                                                                                                                                        

相変わらず的場さんは何を考えているのかわかりませんし・・・                                                                                                              的場さんはラスボス的な立ち位置なのかな?                                                                                                              自衛隊がサッカーの試合を厳重に撮影していたのも気になります。                                                                                                                         日本政府が何か企んでなければいいんですけど・・・                                                                                                                                   次回も楽しみです!                                                                   

2db85d23-s.jpg
                                                                                                                                                          
みんなで海に来ます。                                                                                                                                                  夏海れんげは水着になって砂浜で遊んでいます。                                                                                                                                           でも小鞠は水着にならずに遊んでいる二人を見ています。   あ・・・(察し)                                                                                                                                                  

砂浜で遊んでいる二人の後ろを兄貴が通りかかります。                                                                             夏海は兄貴に手招きしてこちらに来させて、                                                                                                                 顔だけを砂に埋めて遊びます。                                                                                                                                               

兄貴 『フー』 ←シュノーケルから息を吐く音。                                                                                                              

兄貴が喋ったぞ!!!!!!                                                                                                                                                        でも、これじゃないんですよね・・・                                                                                           
相変わらず兄貴の扱いは悪いですが、ついに今回初ゼリフ?でしたね。                                                                                                                          全く嬉しくなのはなんでだろう・・・                                                                                                                                        初ゼリフがこれってホントに1話からずっと不憫なお兄さんですね。                                                                                                                           

が水着を着てやって来ます。

006ba30e-s.jpg


おい!これで小5なんだぜ・・・ 信じられるか?                                                                                                                                            
この子は小5、この子は小5、ホントに小5ですか!?                                                                                                                                 予想以上の物を持っていましたね・・・                                                                                                                                        まあ、最近の小5はこんなもんですね! (困惑)                                                                                                                                 

先生 『今小鞠ちゃんって身長何センチだっけ?』                                                                                          小鞠 『140無い位・・・』                                                                                                                                                 先生 『14歳の平均はそんなもんだよ。』                                                                                                                  小鞠 『ホントに!』                                                                                                                                                           先生 (これは口が裂けても明治時代のデータとは言えない・・・)                                                                                                                                                       先生はこう思いますが、思ったことが口から出ていました。                                                                                                                               
                                                                                                       世の中知らない方がいいことってたくさんありますよね・・・                                                                                                                               先生には真実を墓まで持って行って欲しかったですね。                                                                              わりとマジで・・・                                                                                             

そこに水着に着替えたがやって来ます。                                                                                                                   

ff37c362-s.jpg
                                                                                                      399x284xc6a556e88899f99fbcb6735b.jpg
                                                                                                                                                          
胸囲の格差社会・・・                                                                                                        先生のせいで、唯でさえ心にキズを負っていたのに・・・  完全にとどめを刺しましたね・・・                                                                                                          

なんやかんやで、小鞠の海は散々なものになってしまいました。                                                                                                        精神的なダメージを負ったり、迷子と間違われたり・・・                                                                                                                                一つ、言いたいのですが小鞠を探すときにが探していた場所を考えると、                                                                                                                                   流石に失礼ですよね・・・                                                                                          まあ、今回の海で先生がクズということが、よくわかりました。                                                   

23f31fe4-s.jpg
                                                                                                      
電車が来るまで時間があるので女子4人はうどんを食べることにします。                                                                                                                             次のが終電だから乗り遅れるなよと先生は言います。                                                                                                                             

電車からみんなが降りたとき、兄貴がいなくてどうした!?と思いましたが、                                                                                                                        ちゃんといたので安心しました。                                                                                                                                        兄貴本当によく、いなくなりますよね・・・                                                                                                                                       

4人はうどんにうつつを抜かして危うく電車に乗り遅れそうになりますが、なんとか間に合います。                                                                                                             もちろん兄貴をちゃっかりと乗っています。                                                                                                                                      あんなに偉そうに言った先生は寝ていて、乗り過ごしてしまいます。                                                                                                                         

先生ざまwwwww                                                                                                                                                  これは海での行いの天罰が下りましたね。                                                                                                                                      自業自得です!                                                                                                                                                   そして、先生を起こさなかった兄貴・・・中々やりますね。                                                                                                                                兄貴改め、兄鬼ですね・・・                                                                                                                                            
                                                                                                                                                    ホントにのんのんびよりは毎回安定して面白いですね。                                                                                                                           話数が進んでいくごとに、先生のクズ加減が目立ってきているような気がします。                                                                                                                     それにしても、のは破壊力がありましたね・・・                                                                                                              あれで、小5なんですよね・・・?                                                                                                                                          小鞠に対する現実はいつも厳しいですね・・・                                                                                                              次回も楽しみです!           

3c136c88-s.jpg
                                                                                                       
雷真の部屋でフレイという女の子が何故か縄で吊るされていました。                                                                                                                                    雷真が助けてあげると、お礼にお弁当を作ってきたので食べて欲しいと言います。                                                                                                                                                     

何この子、すごく怪しい・・・                                                                                                                                           お弁当作ってきたって言い方おかしくないですか?                                                                                                                                   お弁当の中に絶対なにかヤバイ物が入っていますよ・・・                                                                                                                              

サンドイッチを食べた雷真はむせてしまいます。                                                                                                                

雷真 『何を入れた!?』                                                                                                                                                          フレイ 『眠り薬・・・が調達できなかったので、お塩をどっさりと。』                                                                                                                               

物凄く聞き捨てならないことを言いましたね。                                                                                                                                    この子100パーセント暗殺者だよね。                                                                                                                                        眠り薬がないから、代わりにお塩って・・・                                                                                                                                       それはただの、嫌がらせですね。                                                                                                                                         

フレイはいきなり水を浴びてそのまま雷真のベットに横になります。                                                                                                                                                                                        

フレイ 『体が冷えっちゃた。温めて欲しいな。うっふん。』 (棒読み)                                                                                                                                  雷真  『お前一体何がしたいんだ?』                                                                                                                                                    フレイ 『あなたを暗殺します。』                                                                                              

400x242x6e4b7e61d4c4bd2d3531e956.jpg
                                                                                                       うん! この子に暗殺なんて出来るわけないね!                                                                                                                                                                                              だってバカなんだもん!                                                                                                                                                     

フレイ、なかなか面白いキャラですね。                                                                                                                     気に入りました!                                                                                                                                                べ、べつに胸に魅了されたとかではないですよ!(動揺)                                                                                                                                                                                 


フレイはどうも家族のことで色々とがんじがらめになっているみたいです。                                                                                                                                                        フレイの家族のことは書くのがめんどくさいので↑で許してください。                                                                                                                                                         

73a5c9ae-s.jpg
                                                                                                      
ついに!小紫ちゃんが登場です! ずっと待っていましたよ!                                                                                                          

小紫は潜入調査のためにここに来たみたいです。                                                                                                                 小紫は魔力を注いだ人と自分を他人から認識できなくする事ができます。                                                                                                                                                      二人はこの力を使って潜入します。                                                                                                                                         

小紫を楽しみに待っていたので、嬉しいですね。                                                                                                                 でもこの子言うことがいちいちエロいですね・・・                                                                                                                                ステルス能力って中々強いですよね? 強いというより便利というべきでしょうか?                                                                                                                    


置いていかれた夜々シグムントにいろいろ相談します。                                                                                                                                          シグムント夜々をなだめてあげます。                                                                                                                                                                                                   

なんか、前にも似たような光景を見たような・・・                                                                                                                                  シグムントて本当にいいやつですよね。                                                                                                                                                                       あんな感じの友達が一人でもいれば、困ったときとかに助けてくれそうで心強いですよね。                                                                                                                

bf2b61f4-s.jpg
                                                                                                      
シグムントと話していた夜々はいきなり何者かに攻撃されてしまいます。                                                                                                                                     夜々はその攻撃を避けることができず、モロに喰らってしまいます。                                                                                                        

いきなりすぎてホントにびっくりした・・・                                                                                                                                         めちゃくちゃ血が出てたけど大丈夫だろうか・・・?                             
                                                                                                                                          今回は新キャラが二人も出ましたけど、どっちも良かったですね!                                                                                                                                                                               フレイは天然?入ってて可愛かったですし、                                                                                                                                                                      小紫は僕がイメージしていたキャラとは、結構かけ離れていましたけどそれでも十分満足です。                                                                                                                                            夜々を攻撃した犯人は誰なんでしょうね?                                                                                                                   次回も楽しみです!                                                                                                        

2793e220-s.jpg
                                                                                                        
は自分の過去について語りだします。                                                                                                                        日本に来る前はオーロラを見るために南極にいたそうです。                                                                                                                                しかし、南極には人間がいないのでの存在感はどんどん薄れていってしまったそうです。                                                                                                                                                   これはマズイと思ったはジャンプで南極を脱出します。                                                                                                 

 

さすが、怪異の王ですね。 発想が普通ではありませんね。                                                                                                                               観光気分でサックと南極に行けるとか、この頃のは強大な力を持っていたんですね・・・                                                                                                                                               しかも、脱出するときはジャンプって・・・                                                                                                                                    ホントに桁外れな力ですね。                                                                                         


大ジャンプしたは日本の湖に着地します。                                                                                                                 着地した衝撃で湖の水はほとんど全て跳ね上がってしまいます。                                                                                                                             跳ね上がった水は雨となって周辺に降り注ぎました。                                                                                                                                その周辺はひどい干ばつが起こっていました。                                                                                                                                    そこにはたまたま雨を降らしました。                                                                                                                   それを目撃した人々はを神だと勘違いをしてしまいます。                                                                                                                                                              

湖があるのに干ばつっておこるものなんですかね?                                                                                                                                      湖の水を使えばいいのに・・・                                                                                    

f1fe1dbf-s.jpg
                                                                                                       
は神様として過ごすことにします。                                                                                                                       しかし、吸血鬼ではなく神として村の人々に認知されているので存在感は一向に回復しませんでした。                                                                                                         

天候も操れるとか、吸血鬼はすごいな・・・                                                                                                                                      持っている力は十分神様レベルですね。                                                                                                                                       金髪の神様か・・・ なんかいいね!                                                                                     

の噂を聞きつけて、一人の男がやって来ます。                                                                                                                  その男はの最初の眷属になった男です。                                                                                                                初代怪異殺し(最初の眷属になった男)は二本の刀を持っていました。                                                                                                                            一つは妖刀心渡り、もう一つは妖刀夢渡りです。                                                                                                                                心渡りは怪異を殺す刀、夢渡りは怪異を生き返らせる刀だそうです。                                                                                                                          

という存在は負のエネルギーを集めてしまいます。                                                                                                              あるときから、周辺の村で神隠しの様なものが起こるようになります。                                                                                                                          と初代怪異殺しはこの事件を調べてみますが、何も手がかりを得られず、                                                                                                                                                     怪異の仕業ではなく人間がやったものだろうという結論に至ります。                                                                                                                         この件に関して何もしないでいると、を神として崇めていた人々は全員行方がわからなくなってしまいます。                                                                                                                                         

初代怪異殺しとは再び調査をすることにします。                                                                                                                 そして、その調査の最中に暗闇に出会ってしまったそうです。                                                                                                                           と怪異殺しはあっという間に暗闇に飲まれてしまいます。                                                                                                             は体の4分の3を飲まれてしまいましたが、                                                                                                            なんとか南極まで逃げることに成功します。                                                                                                                                      


ますます、暗闇の正体が気になってきました。                                                                                                                                    怪異の王さえも飲み込んでしまう暗闇・・・                                                                                                                                       物凄く気味が悪い存在ですね。                                                                                                                                         暗闇もさることながら、体の4分の3を飲まれても逃げることが出来るってすごいな・・・                                                                                                                                              なんだか、暗闇ってブラックホールみたいですよね。                                                                                                                                  

e3e4f43e-s.jpg
                                                                                                       
は南極で初代怪異殺しを自分の眷属として生き返らせます。                                                                                                            生き返った初代怪異殺しは、一連の事件の犯人をだと思い込んでしまいます。                                                                                                                                                  そして、初代怪異殺しは自ら太陽の下に出て、自殺してしまいます。                                                                                                                         神としても吸血鬼としても、人間と上手くやる事はできなかった、                                                                                                                             のひとりがたりはこうしてバットエンドで幕を閉じました。                                                                                                       

阿良々木くん上手く話をしめるな~                                                                                                                     最初の眷属に自殺されたは悲しいとは違いますが何か感じることがあったみたいですね。                                                                                                                                                                                                    それにしても、阿良々木くんの最後のはかっこよかったな~                                                                                                            僕もあんなふうに上手く、かっこよくまとめられたらいいんですけどね・・・                                                                                                                     無理ですよね・・・ ε=(・д・`*)ハァ…                                                                                                                                      
                                                                                                                                                今回の紙芝居演出には賛否両論があるみたいですね。                                                                                                                                   僕はあの紙芝居の感じは気に入りましたけどね。                                                                                                                                紙芝居の絵柄が個人的には好きでした。                                                                                                                                        あれは手抜きとも言えるし、演出とも言えますし、個人の価値観の問題ですね。                                                                                                                     

阿良々木くんが最後の方に言っていた、                                                                                                                   怪異殺しと阿良々木くんがのことを同じようにキスショットと呼んだことは重要なことなんですかね?                                                                                                                                                     暗闇の正体もまだ、はっきりとしませんね・・・                                                                                                                                 次回も楽しみです!                                                                                                                                                   

E3838BE382BBE382B3E382A4E38080002_convert_20131103180347.jpg
                                                                                                       

来年の冬にニセコイのアニメがいよいよ始まりますね!                                                                                                                                                                そして、どの声優さんがどのキャラをやるのかも分かってきましたね。                                                                                                                         

桐崎千棘役は東山奈央さんがやるそうです。                                                                                                                        最初これを知ったとき僕は東山さんはミスキャストだろwと考えていましたが、                                                                                                                  ちょうどこの頃始まったきんいろモザイクを見て考えを改めました。                                                                                                                        相変わらず、浅はかな考えをしていた自分でした。                                                                                                                                  東山さんは歌が上手いのでそこにも注目しています。                                                                                                                                 

小野寺小咲役は花澤香菜さんがするそうです。                                                                                                                 またお前か!とは思ってはいけませんね!                                                                                                                                      も、もちろんぼ、ぼくもそんな事は思いませんでしたよ・・・(動揺)                                                                                                                                                                            でもこれは、中々いいキャスティングだと思います。                                                                                                                                                                                    

橘万里花役は阿澄佳奈さんがするそうです。                                                                                                                  ファ!?  え?これはどうなの・・・?                                                                                                                                       個人的には、阿澄さんは好きな声優さんなので嬉しいんですが、                                                                                                                           あのハイテンションなお嬢様キャラに声が合うんでしょうか・・・                                                                                                                           でも、まあ、嬉しいですけどね。                                                                                                                                            


ニセコイのキャスティングを見たとき、                                                                                                                                          これは本当に、僕得だなと思いましたよ。                                                                                                                                    楽しみだな~ 早く冬にならないかな~                                                                                                                                        
PS、                                                                                                                                                          みなさんはニセコイで気に入っているキャラはいますか?                                                                                                                              僕はポーラが気に入っています。                                                                                      どうでもいいですよね・・・                                                                                                      ではまた ( ̄^ ̄)ゞ

3234e051-s.jpg
                                                                                                       
県議会の人が来るので誰かが案内役をしなくてはいけません。                                                                                                                               は最後の課題をクリアするために案内役に立候補します。                                                                                                          理樹も案内役に立候補します。                                                                                                                      

案内をする当日、は緊張のためか失敗ばかりしてしまいます。                                                                                                                                                               県議員に挨拶をするときに『ゆっくりお願いします。』と言ったり、                                                                                                                                                      寮について説明するときに理樹と一緒に暮らしています。』と言ってしまったりします。                                                                                                                           

いやー鈴ちゃん可愛いな~                                                                                                                                              『ゆっくりお願いします』なんて言ったら饅頭が湧いてきますよ・・・                                                                                                                                                     鈴がミスをするたびに、先生が焦りまくっていて面白かったですw                                                                                                                            


は上手く案内することが出来ませんでした。                                                                                                                  県議員さんが、帰り際にに質問をします。                                                            

県議員 『あなたは不器用ですが瞳に元気がありました。どうしてそんなにいい表情をしているのですか?』                                                                                                                                                                                              この質問に自信を持って答えます。                                                                                                                                          『みんながいるからだ!』                                                                                              

鈴さん、流石に『だ!』はまずいですよ・・・                                                                                                                                      敬語を使いましょう、敬語を。                                                                                                                                                                                            自信満々にこれを言える人は凄いですよね。                                                                                                                                      鈴はホントに仲間に恵まれていると思っているんでしょうね。                                                                                                                             僕も言ってみようかな! 『みんながいるからだ!』                                                                                                             あれ? 僕みんなっていう程友達いたかな・・・   あれれ?目から汗が・・・                                                                                                                   


県議員に気に入られたに併設校との交換留学?に参加しないかと、先生に誘われます。                                                                                                                                                この併設校は最近ある事件が起きていました。                                                                                                                                          それは、この併設校にかよう生徒たちがバス旅行中に事故に合い、                                                                                                                     乗っていた生徒のうちたった2人しか助からなかったというものです。                                                                                                                                    この事件から併設校はとても暗い空気に包まれています。                                                                                                                                 そこで、交換留学を行って校内に活気を取り戻そうとしています。                                                                                                                         

理樹が併設校に行くのに反対します。                                                                                                                                                しかし、恭介に併設校に行って欲しそうな態度をとります。                                                                                                                                                                                          

併設校の事件は悲惨ですよね・・・                                                                                                                                         たった2人しか助からなかったとか・・・                                                                                                                                           理樹と恭介がここまで対立するのは珍しいですよね。                                                                                                                              それにしても、真人や謙吾や小毬はこの件に関しては全く自分の意見や考えを言いませんね。                                                                                                              普通なら言ってもおかしくはないのに・・・                                                                                                                                      

c8ce7c53-s.jpg
                                                                                                                                                         
理樹は併設校の事に反対したのが本当に正しかったのか悩みます。                                                                                                       自分が言った事が正しかったのかどうか真人に聞きます。                                                                                                            

理樹 『ねえ、真人はどう思う?』                                                                                                                               真人 『悪いが俺はこの事については思っている事があっても何も言わない。』                                                                                                                               真人 『そう決めてんだ・・・ずっと・・・』                                                                                                                                          

こう言った真人の顔はいたって真面目でしたね。                                                                                                                                   明らかに、いつもバカをやっている真人ではありませんでしたね。                                                                                                                           そして真人の言う『ずっと』はどのくらい前のことを言っているんでしょうね・・・                                                                                                                                                   

理樹は悩んだ末には併設校に行くべきだという結論を出します。                                                                                                                                                                                         理樹に自分の出した結論を伝えます。                                                                                                                                                は当然怒りますが、理樹はそれでも行くように言います。                                                                                                                                         は併設校に行くことを承諾します。                                                                 

fc2e93c9-s.jpg
                                                                                                       
が併設校に行く前日の晩、理樹はあの手紙について考えます。                                                                                                                                      考えれば考えるほど、この手紙のおかしいところに気がつきます。                                                                                                                             理樹はこの手紙の主の目的はを成長させる事だったのだではないかと推理します。                                                                                                                          そんな事を考えている理樹の前にレノンが姿を表します。                                                                                                                                                               理樹は逃げるレノンを追いかけます。                                                                                                                    そして、追いかけた先には恭介の姿がありました。                                                                                                              理樹は今までの手紙のことを恭介に問い詰めます。                                                                                                                                            

恭介 『じゃあ理樹、お前が解き明かした答えを聞かせてもらおうか。』                                                                                                               理樹 恭介を独り立ちさせるためにレノンを使って課題を出し続けて、を成長させてきたんだ。』                                                                                                                                                            恭介 『そもそもお前は問題を履き違えている。』                                                                                                                                                                                               恭介 『俺が聞いたのはお前がこの世界の秘密を解き明かしたかどうかだ。』                                                                                                                                                                                   理樹 『そんなのはの興味を惹きつけるためエサでしかない。』                                                                                                                                                                   

この答えを聞いた恭介は急に笑い出します。                                                                                                                    そこに、見回りの先生がやって来ます。                                                                                                                                     恭介理樹の手を取って逃げます。                                                                                                                                                     しかし、途中で理樹は木の根っこに引っかかって転んでしまいます。                                                                                                                                                       恭介は転んだ理樹をほっといてそのまま行ってしまいます。                                                                                                                                       

だんだん話が物語の核心に迫ってきましたね。                                                                                                                                     手紙を出していたのは恭介でしたね。                                                                                                                       それにしても、理樹は見事な推理をしましたね。                                                                                                            でも、恭介が聞きたかったのは世界の秘密についてでしたね。                                                                                                         ちょっとテンションが上がりすぎて何かよく分からない事を書いている気がします。 すみません。                                                                                                            

今までは恭介理樹の手を引っ張ってくれていました。                                                                                                                                          でも、その手は離れてしまいました。                                                                                                                                         このシーンには恭介から理樹に対して何かメッセージが込められているような気がします。                                                                          
                                                                                                                                            今回も素晴らしかったです。                                                                                                                                             でも、練習がカットされたのが残念でなりません。                                                                                                                                  『しっぽりムフフといきたいものですな』が見たかったです。                                                                                                                                                            今回の話の真人や恭介が言ったことを覚えておくとよりリトバスを楽しめると思います。                                                                                                                次回からはリトルバスターズ崩壊編と言っても過言ではないと僕は思っています。                                                                                                                    ではまた( ̄^ ̄)ゞ                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         

                                                                                                          メイプルストーリーが今、ソードアートオンラインとコラボしているみたいです。                                                                                                                                                  いやー嬉しいですね!                                                                                                                                              最近はメイプルストーリーを全然やっていなかったんですけど、                                                                                                                            これは久しぶりにやってみるしかありませんね。                                                                                                                                  SAOの限定アイテムを必ずゲットしてきます!                                                                                                                                    

当たり前ですけど、やっぱりソードアートオンラインはすごいですよね。                                                                                                                                                        メイプルストーリー以外のネットゲームともよくコラボしていますし、                                                                                                                         ほかにも多くの物とコラボしている気がします。                                                                               

こんな事を書いていたら、物凄くソードアートオンラインの2期が見たくなってきました。                                                                                                                                                2期は確実にしますよね?                                                                                                                                              年末にSAOの特番があるので、そこで2期発表になると嬉しいですね。                                                                                                                                                                               では、そろそろメイプルストーリーの世界にダイブしてきます!                                                    

b86f9ea6-s.jpg
                                                                                                       
慎一は学校で美少女ゲームの歴史を生徒たちに教えます。                                                                                                            

再現率が高すぎて笑ってしまいましたw                                                                                                                                         この授業は聞いてて頭が痛くなってきます。                                                                                                                                      もっと違う事を未来ある生徒たちに教えた方がよかったのでは・・・                                                                                                                         あと、古賀沼さんのBLへの執念が恐ろしいです。                                                                                                                  


次の日、慎一たちが学校に来ると生徒たちが喧嘩をしています。                                                                                                         好きなゲームなどのことで・・・                                                                                                                                         

こいつら、影響受けすぎだろ・・・                                                                                                                                          僕はてっきり民族関係の事で喧嘩しているのかと思いましたよ。                                                                                                                            でもこれは、オタク文化のおかげで民族の壁がなくなりつつあるということですよね。                                                                                                                   オタク文化は薬となるのか毒となるのか、今のところは微妙な気がします。                                                                    でも待てよ・・・ オタク文化によって生徒の中から幼女を愛する紳士が生まれてしまったということは・・・                                                                                                                                                     先程の発言を訂正します。                                                                                                                                             オタク文化は今のところ猛毒です!                                                                                       

247a211b-s.jpg
                                                                                                                                                          
慎一ペトラルカに呼び出されます。                                                                                                                                                  

ペトラルカ 『何しに来たのよ!別に妾は慎一のことなぞ待っておらんのじゃからね!』                                                                                                                                                          

ツンデレきたあああああああ!!!!!                                                                                                                                        ペトラルカはどうもツンデレを学んだみたいですね。                                                                                                                                                                 ツンデレが以外に似合ってますよねー                                                                                                                                         可愛すぎて、10回はリピートしましt・・・   なんでもないですよ!                                                                                                                       

慎一ペトラルカがツンデレをしていることに気が付きません。                                                                                   

慎一    『何をしているの?』                                                                                                                                                        ペトラルカ 『これはいわゆる、ツンドラという奴じゃ!』                                                                                                                                    慎一    『それツンデレ・・・』                                                                                              ペトラルカ 『それは別のモノなのか?』                                                                                              

ツンドラとツンデレ確かに発音は似ている・・・?                                                                                                                                     意味はまったく違いますけどね・・・                                                                                                                                     

ガリウスがオタク文化についての考えを改めると言います。                                                                                                          そして、ガリウス古賀沼さんに借りていた本を返します。                                                                                                                                         その本の内容はBLです・・・・・                                                                                                                                           

201204046s.jpg
                                                                                                                                                          なんてことしてくれたんだ!あのアマ!!!!!                                                                                                                                                                                              ガリウスが見直したと言った時点で予想はしてましたよ!                                                                                                           でも実際に突きつけられると・・・もうね・・・                                                                                                                                                                                      ペトラルカで癒されたあとにこれはキツ過ぎますよ。                                                                                                             しかも古賀沼さん、授業にBLを取り入れるのを閣議決定させてるし・・・                                                                                                                                                      オタク文化が猛毒と言いましたが、再び訂正させてください。                                                                                                                              猛毒なのは古賀沼さんでした・・・                                                                  

cd7b851e-s.jpg
                                                    

慎一ミュセルにこの国を捨ててまで日本に僕と一緒にきたいか聞きます。                                                                                                                                                                                       ミュセル『はい』と即答します。                                                                                                                                                 

さっきのシーンで汚れた僕の心が浄化されていく。                                                                                                                                  何回も言ってますがミュセルはホントに健気ですよね。                                                                                                              今期1番のヒロインと言っても過言ではありませんね!                                                                                                                                                                                  これはもう一家に一ミュセルですね!                                                                                                                    

932bff2a-s.jpg
                                                                                                      
慎一が目を覚ますとエルビアが上にのしかかっていました。                                                                                                                                           エルビアは満月になると発情するみたいです。                                                                                                                                                                  慎一は発情したエルビアに襲われてしまいます。                                                                                                                                              騒ぎを聞きつけたミュセル古賀沼さんが部屋に入ってきます。                                                                                                                                    

助けを求めながらも胸を揉む慎一さん、流石っす!                                                                                                                                                                                                                                                                        エルビア慎一のことを好きと知ったときのミュセルのリアクションが良かったですね~                                                                                                                                                         でもこのままだと、慎一の息子がいなくなる気がします。                                                                                                            


慎一たちが学校に行くとまた生徒たちが喧嘩をしています。                                                                                                              きのこの山とたけのこの里のことで・・・・                                                                                                                                  

やはりどこの世界でもこの戦争は起きてしまうものなんでしょうかね。                                                                                                                          僕は断然たけのこの里派ですね!                                                                                                                                         あのチョコとビスケットのハーモニーがたまりませんよんね。                                                                                                                              あれ?じゃあなんで僕はブログの名前を黒きのこZにしたんだろう・・・                                                                                                                        
                                                                                                                                                   今回も面白かったですし、ミュセルが可愛かった!                                                                                                                  だぶん今期で一番気に入っているキャラだと思います。                                                                                                                            個人的には全く望んでいない、ガリウス慎一の関係に進展があった事が残念で仕方がありません。                                                                                                                                                                          今のところは上手くオタク文化が浸透していっているので安心して見れますね。                                                                                                                   なにか問題が起きなければいいですが・・・                                                                                                                                       それでは( ̄^ ̄)ゞ                                                                                                                                              

僕もあんなメイドが欲しいな~                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。