FC2ブログ

37f674b3-s.jpg
                                                                                                       神兄様はやっと歩美の待つ船にたどり着きます。                                                                                                                                              神兄様歩美に今起こっている事を全て話そうか迷いますが、結局全ては話さないことにします。               


神兄様 『一つの質問だけに答える。』                                                                                               歩美 『私のこと好き?』                                                                                                      神兄様 『好きじゃない。』                                                                                                                                                   この答えにショックを受けながらも歩美神兄様に好きでもないのにこんな事をなぜしたのか聞こうとしますが・・・                                                                                                               神兄様『それは二つ目の質問だ。』の一点張りで質問に答えようとしません。                                                                                                                               これは卑怯だなー                                                                                               こんな神兄様に対して歩美は 『もし桂木が必要なら力になってあげてもいいよ・・・』                                                                                                                                    神兄様 『だが断る!』                                                                                                     すいません・・・こんな断り方はしてません。 盛りすぎました。                                                                        神兄様 『僕はただエンディングを目指しているだけだ。見返りや助けなんていらない。この責任は誰にも渡さない。これがゲーマーの愛だ!』                                                                                                 神兄様 歩美愛してる。』  『手を取ってくれ、僕が連れていくよエンディングへ』                                                                                                                                   かっこよすぎるぜ・・・  言っている意味は分からないけど・・・                                                                         歩美は手を取るのを少しためらってしまいます。                                                                                                              そんな歩美の背中を透明になっているちひろが押してあげます。                                                                                    ちひろ・・・(泣)  どうやったらちひろは幸せになれるんだ・・・                                                                                                                                    8ec11663-s.jpg
f1c52ece-s.jpg
                                                                                                       神兄様はようやく歩美の女神を出す事に成功します。                                                                                         しかしビンテージの大群が襲いかかってきます。                                                                                41d5f50a-s.jpg
                                                                                                        絶対絶命のところを天理(女神)と善良なかけ魂隊に助けられます。                                                                                                    そして天理(女神)は捕まっている他の女神の救出に向かいます。                                                     yっh
                                                                                                                                                            神兄様ちひろは居ても役にたたないので先に帰ることに。                                                                                                                                      


ちひろ 『もしかして、私の中にも何かあったのかな?』                                                                                       神兄様 『いや、ちひろは関係ない。』                                                                                                                            これを聞いたちひろは一瞬とても辛そうな表情をみせますが、すぐに笑顔になって『あーよかった。』と言います。                                                                                                                でもその笑顔は引きつっていてとても本当によかったと思っているようにはとうてい思えない表情でした。                                                                                                        ちひろに救いは無いんですかーーーー                                                                                                                                             ちひろは別れ際に『バイバイ』と言って神兄様の家を後にします。                                                                                                               その姿は太陽の光に彩られていて、とても神聖で美しいものでした。                                                                                                                           ちひろーーーーーーーーー                                                                                                        ddf93f21-s.jpg
                                                                                                      ビンテージとの争いはどうなったか?                                                                                      そんな事はどうでもいいんじゃーーー                                                                                                                                               今はちひろをどうやって幸せにするか考えて忙しいんじゃー                                                                                                           ビンテージとの争いなんか、女神が圧勝して終わりましたよ!                      <
                                                   df866b95-s.jpg
50952f3b-s.jpg
5a993a99-s.jpg
0e3b5cb6-s.jpg
9d5e23a8-s.jpg
                                                                                                                                                                  いよいよライブ本番!                                                                                                                                         演奏中のちひろはみんなには女神の羽があること、そして自分にはそれがない事に気が付きます。                                                                                                                                         そして自分は本当に関係が無かった事を改めて思い知らされます。                                                                         演奏しながら、ちひろの頭の中には桂木との楽しかった思い出が次々に浮かんできます。                                                                                                                                そんな状態になってもちひろは最後まで演奏しきります。                                                        dae9631c-s.jpg
                                                                                                      そんな顔しないでよ・・・・                                                                                          ちひろは我慢していたけど本当は誰よりも辛かったんですよね・・・

屋上に一人で座っている神兄様                                                                                                                                                                           神兄様 ちひろごめん。僕はあの時あんな事を言うつもりじゃなかったのに・・・』                                                      神兄様の手の甲にポツリ、ポツリと涙が落ちていきます。                                                                                                           何回泣かせる気だよーーー(泣)              
                                                                                                                                                クソ- 感動したー                                                                                              ちひろをどうしたら幸せに出来るか考えました。                                                                                                              そうだ! 僕と結婚すればいいんだ!(錯乱)                                                                                 ちひろは最初あまり好きじゃないキャラだったんですが、今回の話でめちゃくちゃ好きになりました。                                                                                                                                          ビンテージとの決着が雑だった気がしますが、それを引いても余るほどのいい話でした。                                                                                                                300x300x32d5ffbcf308c0a699133504.jpg
    
関連記事
スポンサーサイト

滑舌厨早口テスト

3連休

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。