FC2ブログ

f2f7ae42.jpg
                                                                                                                                                          慎一はエルダント帝国の人々にオタク文化を広めるために学校を作ります。                                                                                                                                                        この学校で日本語やオタク文化を教えるみたいです。                                                                                                                                   この学校には亜人種の人も差別なく通えるように慎一はしたいようです。                                                                                                                                                   でもこの世界は封建社会なのでうまくいくかどうか・・・                                                                                                                               

5d128f75.jpg
                                                                                                                                                           ミュセル慎一に日本語を少しでいいから聞いて欲しいとお願いします。                                                                                                                                 ミュセル 『旦那様私はあなたの下僕なんでもいいなり・・・だよ!』                                                                                                                                       カタコトだけど一生懸命話します。                                                                                                                                                                             ミュセル 『正しい?』                                                                                                                                                                                                     慎一   『タダシイ、タダシイヨ』            
なんでお前までカタコトになってんだw                                  


慎一   『日本語覚えたほうがマンガもアニメも楽しめるしね。』                                                                                                                                                                                         ミュセル 『そうではなくて、いつか旦那様がお国に帰るときに連れて行っていただけたらと・・・』                                                                  

ミュセルマジ天使だ!                                                                                                                           これは今期ナンバー1ヒロインかもしれない。                                                                                                                                      ホントに健気だなー (結婚しよ)                                                                                                                                         

 22091cd9.jpg
                                                                                                      学校が完成しました。                                                                                                                                                ペトラルカも学校の視察に来ました。                                                                                                                   しかし憂国士団ベイドナという組織に学校を占領されてしまいます。                                                                                                                             この組織は慎一の自由や平等という考え方とは対極的な考えを持っている組織です。                                                                                                                                                 この組織はペトラルカに日本ともうこれ以上交流するのをやめると約束させたいようです。                                                                                                                                              

慎一は作戦を思いつきます。                                                                                                                         その作戦とは、もうすぐ自分のケータイから歌が流れるのでそれを合図に一気に仕掛けるというものです。                                                                                                                                                            そしてその作戦はうまくいきます。                                                                                                                                          追い詰められた組織のリーダーは学校を一瞬で吹き飛ばす炎の兵器を作動させます。                                                                                                                                                                     ペトラルカ 『あの兵器は一度稼働させるともう・・・』                                                                                                                                         アレッシオ 『誰も止めることはできない!』   プシュー(炎が消える音)                                                                                                                                                                                  アレッシオ 『貴様!一体何を・・・』                                                                                                                                                                                                                                                      慎一    『人間界の便利アイテム消火器だよ!』                                                                                             

おいおいおい!                                                                                                何が一度稼働したら止められない兵器だ!                                                                                       消火器で消えるってwwwww                                                                                                                                          ここで言えることはただ一つ!                                                                                       消火器すげええええええええ                                                                                           

edd6cd28.jpg                                                                                                                                                                                     

アレッシオ 『侵略者のいいなりになる奴に皇帝の資格はない!』                                                                                                                                     そう言ってペトラルカに向かってナイフを投げます。                                                                                                              ミュセルが体を張ってペトラルカを守ります。                                                                                                                                             そのおかげでペトラルカにナイフは刺さりませんでしたが代わりにミュセルにナイフが突き刺さってしまいます。                                                                                                                                                                     ペトラルカ 『私はお前に・・なのに何故じゃ!』                                                                                                                                            ミュセル  『わかりません。でも旦那様のマンガを信じてみたくて・・・』                                                                                                                                                                                  ミュセル  『身分の違う人同士・・いつか・・分かり合えるって・・・』                          

死ぬなーーーー                                                                                                                                                     ミュセルが死んだら僕はもうこのアニメを切ります。                                                                                                              だって見るの辛くなるじゃん・・・                                                                                                                                     ほんとに死なないでくれ!と思っていたら、予告で元気な姿が見れました。                                                                                                                        よかったけど、何かふざけんなよ! 心配して損したー                                                                                                                               まあ、生きてて本当によかったけどね。                                                                                       
                                                                                          今更だけど、このアニメてネタ多いな。                                                                                                                                         探さなくてもネタだらけって感じですよね。                                                                                                                                      それではこのへんで!      消火器買いに行こう・・・                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     
関連記事
スポンサーサイト

アウトブレイク・カンパニー 4話

機巧少女は傷つかない 3話

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。