FC2ブログ

a8a2377e-s.jpg
                                                                                                                                                          
理樹杉並さんから告白されます。                                                                                                                                                    杉並 『あの・・私・・好きです! ごめんなさい理樹くんには好きな人がいるのに。』                                                                                                                            

やばい!                                                                                                           めっちゃくちゃ可愛いぞ!                                                                                                                                      これはもうOKを出すしかありませんね。                                                                                                                                        

理樹は部室で自分の好きな人は誰なのか考えます。                                                                                                               考えた時に理樹の頭の中に浮かんだのはの顔でした。                                                                                                                                          理樹 『いやいやいやいやいや・・・・』                                                                                                                                               

これは完全にに惚れてますねー                                                                                                                      それにしても久しぶりに、                                                                                                                                               伝家の宝刀『いやいやいやいや』を聞けました。                                                                                                                                  

23af4704-s.jpg
                                                                                                                                                          
理樹の買い物に付き合うことになります。                                                                                                                                                 その帰り道に理樹に提案をします。                                                                                                                                                  『なあ理樹私たちが付き合おう!』                                                                                                                           はそうすれば全てが上手くいきそうな気がしたそうです。                                                                                                                                                             理樹もこの提案を受け入れて二人は付き合うことになります。                                                                                                        

いよいよ二人が付き合うかー                                                                                                                                             理樹杉並さんのこと忘れてないよね?                                                                                                                                                 忘れているなら、僕が貰っていきますね!    嘘です・・・                                                                                                                            

理樹の好きは違う物のように思えます。                                                                                                                                               理樹はloveではlikeのような気がします。                                                                                                                                          あとこれは彼氏と彼女が逆の方がしっくりきますね。                                                                                                                                   

0d8554ba_convert_20131027114527.jpg


                                                                                                       理樹恭介と付き合うことになった事を報告します。                                                                                                                     恭介はこの日をずっと待っていたと祝福してくれます。                                                                                                            恭介 『これからは、二人仲良く助け合うんだ。』                                                                                                                                             恭介 『俺がここからいなくなっても・・・』                                                                                                                                             理樹 『でも卒業はまだ先じゃないか。もう少し僕たちを見守っててよ。』                                                                                                                                  

理樹にこのセリフを言われた時恭介の瞳が揺らいでいましたね・・・                                                                                                                                      そして恭介の言っている、ここからいなくなるは本当に卒業のことを言っているんでしょうか・・・                                                                                                                                           


小毬に付き合うことになった事を報告します。                                                                                                                                             小毬は泣きながら喜んでくれます。                                                                                                                     小毬 『これからは一緒だね理樹くんとちゃん。ずっと・・・一緒だね・・』                                                                                                                                              

ちょっとたんま・・・  涙で画面見えない(´;ω;`)                                                                                                                                  小毬のこのセリフはどこかおかしいです。                                                                                                                付き合ったからといって、ずっと一緒にいる訳ではありません。                                                                                                                             このセリフには何か別の意味が含まれていると思います。                                                                                                                              


理樹はリトルバスターズの仲間に報告します。                                                                                                                                              ここでも、恭介小毬と同じように祝福してくれます。                                                                                                                                         葉留佳 『これではるちんは何もかも一安心だ。』                                                                                                                                          クド   『今日のこんなに幸せな気持ちはずっと忘れません。』                                                                                                                                     

この祝福には薄ら寒さを感じます。                                                                                                                                          なぜならみんながあまりにも自分のことのように喜んでいるからです。                                                                                                                            まるで自分の願いが叶った様な喜び方です・・・                                                                                                                                  ダメだ・・・また涙でできた・・・                                                                                                                                          

906d3d3a-s.jpg
                                                                                                       
理樹が部室から出て行った後、部室が白に包まれます。                                                                                                                                         恭介はとても辛そうな顔をしています。                                                                                                                     西園葉留佳クドの三人は一列に並びます。                                                                                                                          そしてそのまま、どこかに行ってしまいます。                                                                                                                                    誰もしゃべる人はいません。                                                                                                                                           どこかに行く西園たちはもう悔いはないという表情を。                                                                                                             見送る恭介たちはとても辛そうな顔をしています。                                                                                                                                                               世界が白から元に戻ったとき、もうそこには西園たちの姿はどこにもありませんでした。                                                                                                                                                

これも小人の話を思い出して考えるとこのシーンの意味がわかると思います。                                                                                                                                                                                                         全ての願いが叶った小人は森から出て行かなくてはいけない・・・・                                                                                                                           

dd023838-s.jpg
                                                                                                                                                         
理樹のもとにまたあの手紙が届きます。                                                                                                                                                  それにはこう書いてありました。                                                                                                                                          『最後の課題をあたえる。HRで立候補しろ。』                                                                                                                                                                 理樹 『ついに世界の秘密が明らかになるんだ・・・』                                                                                        

やっと最後の課題ですね。                                                                                                                                              この課題を終えれば世界の秘密が明らかになります。                                                                                                                                  でもな・・・ この世界の秘密は過酷なものだからな・・・                                                                                                                            
                                                                                                                                                    今回は小毬のセリフで泣き、三人がいなくなるとこで泣き、                                                                                                         なんか泣いてばかりでした。                                                                                                                                             この先は見るのが辛いんだよな・・・                                                                                                                                       今回の話は世界の秘密を知っている人と知らない人では、                                                                                                                              セリフの感じ方に大きく差が出る話だったと思います。                                                                                                                                                                                  

ホントに2期は素晴らしいな・・・                                                                                                                                           次回が楽しみすぎです。                                                                                                                                             結局1クールなの?2クールなの?        
関連記事
スポンサーサイト

物語シリーズ セカンドシーズン 17話

アウトブレイク・カンパニー 4話

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)